rogo-01.jpg

2020年02月04日

次男と甥姪が2年ぶり交流

大好きなおじちゃんが帰ってくる 
 関東の大学に入学した直後から、劇団活動に嵌まってしまい、以来29年、大学の授業に出るでもなく、卒業するでもなく、就職するでもなく、その後、東京に進出した小劇団を拠点としてひたすら年3回程度の公演を続けている次男が、季節外れの帰省をするという。正月にも帰らなかった次男が、思い出したように2年に1回は帰ってくるようになったのには理由がある。神戸に住んでいる彼の兄の二人の子供(甥・姪)に会いに来るのである。兄ちゃんも、さっちゃんも、おじちゃんが大好きである。特に兄ちゃんは、性格でも、好みでも自分によく似ているおじちゃんが大好きで、久し振りに帰ってくると聞くと小躍りしてその日を待っている。そのおじちゃんは2月1日の午後1時に、土曜日の午後は水泳教室があるため兄ちゃんとパパとさっちゃんが帰宅したのは午後5時過ぎだった。
じいちゃんの自分史に感想
 3人が帰宅すると、じいちゃんは、1月中旬に全面的に作り直した浴室に3人を連れて行き「どや、きれいやろ」とドヤ顏をした。兄ちゃんもさちゃんんも素直に「ワーきれいやな、ホテルのお風呂みたいや」と喜んでくれた。
 夕食後、孫と次男の順にこのお風呂に入り、7時から孫とおじちゃんとおじいちゃんの4人で、トランプ、花札、百人一首で遊んだ。トランプの神経衰弱では、いつものようにさっちゃんの圧勝で、初めて見るおじちゃんは、さっちゃんの記憶力の凄さに、ただ感心するばかりだった。途中でおじいちゃんが思い出して、「おじいちゃんの『自分史』読んでくれたか?」と孫に尋ねると、兄ちゃんは「おじいちゃんが高校受験の前に、心臓病と診断され、受験校を変えたところは、俺も尿検査で注意するよう言われたことがあるので、その時rのおじいちゃんの気持ちが分かる気がする」と感想を言ってくれた。おじいちゃんは孫が「自分史」を読んでくれ、感想を言ってくれるようになったかと驚きと嬉しさで胸がいっぱいになった。
あっさりした別れと、自分史の兄ちゃんの想は? 
 孫たちは翌日昼食を明姫幹線の「くら寿司」に決め、12時から13時まで食べ食欲旺盛な二人も満足したようだ。もっとも最後の10分ほどは、食べ終わった皿が5枚集まると、景品がもらえるゲームの挑戦権がもらえるという、店の営業策に乗せられたものだが、孫二人の大好きな「ガチャガチャ」が景品とあっては、孫たちをやめさせることはできなかった。
 午後4時に孫たちは帰っていった。2年前には、この別れが辛かった兄ちゃんが、姿を隠すという修羅場があったが、今回はそんなこともなく手を振って帰っていった。次男はもう一泊して明日帰るという。以下は次男の帰省時のブログ更新の感想である。2月2日・甥の体重は30歳、姪も結構でかくなっている。次回は無理かもしれないので、決死の覚悟で高いいしたから腰が緩くアラームを鳴らしている。2月3日・実家で衝撃的だった親の一言。「アンタの小学校の同級生で孫のおる人がいるで」ええ!そうか、23くらいで生んでたら無理じゃないか
posted by 和道 at 11:51| Comment(1) | 仏教との出会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次男と甥姪の2年ぶり再会


 次男が関東の大学に入学した直後に大学の劇団活動に嵌り込み、以来29年、大学を卒業もせず、就職もせず、ひたすらパート
posted by 和道 at 11:05| Comment(0) | 仏教との出会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月12日

2020年正月孫の里帰り➂

正月の孫の里帰り三日目、
posted by 和道 at 15:26| Comment(1) | 仏教との出会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年正月孫の帰省

車椅子に優しい日本の食事処
 孫たちの帰省3日目も起床は7時半。8時半から兄ちゃんは自動的にパパの監視下に置かれ学習タイムに入る。この間にそ他のメンバーは昼食の食事先を相談し、例によってさっちゃんの好きなうどん専門店に決まる。もちろんうどんは兄ちゃんも嫌いではない。店の混雑も考え11時半に店に入るが、正月休みの続く昼前の人気うどん店にしては意外に店内は空席が残っている。おかげで、この日は朝からパーキンソン症状が治まらず、車椅子で店内に入ったが、注文待ちの行列の間を抜けて奥の座敷に進むのに行列の人からは親切な声がかかる。私が外出先での移動には専ら妻の後押しで車いすを使うようになってから9か月ほども経っただろうか。そういう車椅子(障碍者)の目線で、健常者との関係を見ていると、障碍者を見る目が随分自然(優しく)になっているように思う。短い期間での観察だから個人的な印象程度の見方でしかないが、以前のように障碍者が苦労する社会が改善しつつあることは実感できるようになったと思うのだが。
帰省の最後の話題は?
 昼食も終わると自然話題になるのは孫たちの帰る時間だ。みんなそれが分かっているから誰も口にしないが、そんな時でもその場の空気と関係なく発言するのはお兄ちゃんだ。「何時に家に帰るの〜」(どひゃ〜っ)。すかさずパパが、怒ったように「4時ごろや」と答える。これで今年の帰省も無事に終わる見通しがついた。
 ところがじいちゃんは、これ以外にも、もうひとつ対策を用意していた。何と、孫とじいちゃんをつなぐ強力なツールであり、目下のところじいちゃんの最大の関心事である自分史を孫との交流に使おうという話だ。そのためじいちゃんは二人にうどん屋から帰宅後、最後のゲームに誘い、ゲームの途中で、「ところで二人ともじいちゃんの初恋の話を知ってるか?」と話しかけ、二人の返事は聞かずに「知らんのんやったらあとでじいちゃんの書いた『自分史』の少年時代編を渡すから家で読んどいて。また感想を聞かせて」と伝えた。二人は最初は、突然じいちゃんが持ち出した馬鹿らしい話に笑いながら応じていたが、同じことを3回も繰り返すと、「分かった。じいちゃんの小説の話しやろう」と答え、4時過ぎに帰る時には50頁ばかりの草稿のコピーを持って帰った。この突然のじいちゃんの提案には理由がある。近年大成しているアスリートや芸術家には、親の遺伝子が関係している場合が多いようだ。この話題を思い出したじいちゃん、「柳の下の泥鰌」を狙って、少し遅れた遺伝子革命を仕掛けた次第だ。仕掛ける遺伝子の質の問題はこの際無視。孫に天才作家の片鱗を見つけようというじいちゃんの努力が重要なのだから。さてどうなるやら。
posted by 和道 at 09:24| Comment(0) | 仏教との出会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月11日

2020年正月孫の帰省

運動会で頑張り背も高くなった兄ちゃん
 今年の正月はママの実家の希望で、31〜1日にあちらでお世話になり、わが家へは2日から4日まで帰省するようだ。
 そのため31日の年越しと1日の迎春は、久し振りに妻と二人だけの祝いになったが、年越しそばもお節お節料理も手を抜か
ずに手作りして祝った。待ちかねた孫たちは2日の昼過ぎに帰ってきた。久し振りに二人の孫を見て驚いたのは兄ちゃんの成長ぶりだった。クラスの席順はまだ一番背が低いのは変わらないが、二年前から「友達が一緒だから」という理由だけでサッカークラブに入り、じいちゃんに似て「運動音痴」で活躍などとてもできないのに、練習には必ず参加しているようだ。きっとその頑張りに対するご褒美だったんだろう 。
 帰宅後は、用意していた手巻き寿司で昼食を済ませた。これからがじいちゃんの待ちかねた孫とのゲーム対決の時間だ。
 じいちゃん、内心では断られるのを怯えながら、「さあゲームでもするか」とさりげなく二人を誘う。こんな時、兄ちゃんの反応は素直でいい。「やるぅ〜」と一言。百人一首をさっちゃん、じいちゃん、ばあちゃんの4人分に分け始めた。これに、花札とトランプを1時間ほど楽しんだ。「この様子では二人とも来年までは大丈夫だろう」じいちゃんは一安心だった。

posted by 和道 at 17:37| Comment(0) | 仏教との出会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年孫の帰省➁

2日目は丸亀うどんとキッヅランド
 孫たちの起床は、図ったように7時半前後。
posted by 和道 at 15:32| Comment(0) | 仏教との出会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月04日

忘れる程久しぶりの記事更新➁

その前に元号に異議あり
 世間は知らぬ間に「令和」と呼ぶ時代になったそうだ。しかも今日は令和2年1月5日だという。すでに議論済みの問題として見過ごしておけばいいものを、一言言わないと気が済まない性格は今年も続きそうだ。
 私の元号問題に対する率直な意見は、存在するだけで、全ての年月日表示には、西暦表示との読み替えが必要になる。その煩雑さと事務的な損失だけでも、気の遠くなるほどのものに違いない。天皇制に対する立場の違いは置くとしても、天皇退位を機になぜ元号の廃止だけでも手を付けなかったのか不思議でならない。
 この問題について結論的に言えば、元号の使用について国民に何らの制約も設けない限り「勝手にどうぞ」とばかりに、個人の自由意思に任せるのが至当だと考える
運動会で頑張り背も高くなった兄ちゃん
 孫の里帰り記事の更新中だったが、昨日6日は今年初めてのデイサービスの日だったので記事更新ができなかった。今日から真面目に定番の孫の里帰り記事に戻ることにしよう。今年はママの実家の希望で、31日〜1日をあちらでお世話になり、わが家へは2日〜4日の帰宅になった。そのため恒例の31日の年越しと1日の迎春の行事は、家内と二人だけという寂しいものになった。
 待ちかねた孫たちは、2日の昼過ぎに帰ってきた。驚いたのは兄ちゃんの成長ぶりだ。クラスではまだ背が低いようだが、二年前からクラス一の小柄なのに友だちと一緒にというだけでサッカークラブに入り、活躍などとてもできないのに休みもせずサッカーを続けている。きっとその頑張のご褒美だろう、背が高くなりそうな気配がしてきたではないか。
 帰宅後すぐに手巻きずしで昼食を済ませ、懲りないじいちゃんが、百人一首やトランプ、花札に誘うと、二人ともやる気満々。ばあちゃんを加えて一通りゲームをこなしたが、またもさっちゃんの実力を思い知らされた3人だった。
 五時からお勤めを済ませ、なんで正月からカレー?という兄ちゃんの声を尻目にカレーの夕食。いよいよ今年の目玉の新しい浴室に入ることになった。さっちゃんも「ホテルのお風呂みたい〜」と大好評。満足した二人の孫は、九時過ぎに寝床に就いた。
正信偈をあげなおした二人
孫たちの朝寝は仕方がない。6時半に家内と私が起き出し、孫の家族は7時半だった。孫たちの口にお節料理が納まったたのは8時の僅か手前だた。朝食が終わるとまだ宿題の済んでいない兄ちゃんは、パパの監視下に置かれ、強制労働に就かされた。パパに働き方改革を訴えるが、いつも同じパターンで迫力に欠け却下。11時にこれも定番の丸亀うどんで昼食。ところがこの日起床時からパーキンソン病の症状が治まらず、最悪の状態。自宅からうどん店までは言うまでもなく、店内でも車椅子を利用。最近は車椅子を押す家内も、乗車する私もこの環境に慣れ、道を空けてくれる人も当然のように車椅子を通してくれる。障碍者が生き易い日本が少しずっ見えてきた。昼食後は近くの大手スーパーのキッズランドで各自好きな遊びとスポーツを満喫。3時に帰宅し5時からお勤めをしたが、いつものテンポの良い進行がここで止まった。久し振りに正信偈でなく、阿弥陀経をあげることにしたのだが、慣れているはずの阿弥陀経が全員バラバラ。じいちゃん迄、この乱れを立直せない。終了後、じいちゃんから「こんなお勤めは駄目だ。この次はできるまでやる!」と叱られた二人。しょんぼりしていた。ところが10分ほどした時だった。突然二人の正信偈をあげるリズミカルな声が聞こえてきた。兄ちゃんが先ほどの無様なお勤めにショックを受け、さっちゃんを誘って得意な正信偈をあげなおしたようだ。事情を知ったじいちゃんの感激は言うまでもなかった。
posted by 和道 at 18:06| Comment(3) | 仏教との出会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

孫の帰省記事は残すぞ!

大変だ!クーラーから水が漏れている
 「自分史」執筆を理由ブログを中断しているが、そんな言い訳など無関係に今年も孫はお盆の帰省で帰ってきた。今年は8月11日である。12時半にようやく玄関先に孫たちの声が聞こえた。ところが孫を迎える為、ばあちゃんが居間の掃除をしていたら、何と間の悪いことに、クーラーから水が滴り落ちているではないか。そんなに大粒の水でもないので水受けに床にバケッでも置いておけばいいではないか、と「このくそ暑い中、クーラーなしで生きれるか」と、穏やかに妻に助言したが、妻の答えは予想通りだった。「故障しているクーラーを使っていて事故でも起こしたらどうすんの」と、常識的な有り難いお言葉。常識人とは、争わない主義の私は、「出入りの電気屋さんに電話したら」と折衷案を提案した。これには妻も異論はなく、電話したがやはり「15日までお休みをいただいています」とのコール。やむなくクーラーのある私の部屋と続き間になっている座敷で昼食を取ることにし、とりあえず危機を脱した。こんな騒動のため、そうめんで手軽な昼食をすることになったが、麺類大好き人間のさっちゃんは大よろこび。兄ちゃんの身長が伸びたことや、運動会ではいつも断トツでビリの兄ちゃんが6月の運動会では抜かされることなく走り切ったことを話題に楽しい昼食になった。1学期の通知表も二人とも現状維持を確保したようだ。16時からいつものようにお勤めを開始した。今回から兄ちゃんと、さっちゃんに導師を頼んだが、二人とも上出来だった。17時からばあちゃんの指導で孫二人は、夕食の巻き寿司と握り寿司を作った。夕食後、祖父母と孫二人は例によってトランプ、花札、百人一首をした。孫は二人とも嫌がることなくゲームに興じていた。トランプの神経衰弱はやはり断トツでさっちゃんのが制した。
2日目の夕食は孫の手作りギョーザ
 翌日は祖父母は6時、孫たちは7時に起き、パン食で朝食。相変わらずの暑さで孫たちも室内で本を読んでいる。12時からの昼食もさっちゃんの好物の焼きそば。15時から16時までゲーム。16時からさっちゃんが導師でお勤め。16時からばあちゃんの指導でギョーザ造り。
 3日目は8時から1時間パパの指導で学習タイム。11時半から「丸亀うどん」でうどんやカツ丼で昼食。大型台風10号が近づいているという報道もあり、孫たちは午後4時過ぎに帰っていった。
posted by 和道 at 16:59| Comment(4) | 仏教との出会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

パーキンソン病エレジ―


『自分史』の執筆を理由に、ブログの更新を中断することを宣言してから2か月半
posted by 和道 at 11:41| Comment(0) | 仏教との出会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パーキンソン・エレジー


 ブログの更新を『自分史』の執筆を理由に中断して、
posted by 和道 at 11:05| Comment(0) | 仏教との出会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする